ゆるっと優待生活中のKです。

日銀のマイナス金利終了で、銀行の貯金利率が大幅に上昇しました。
とはいえ、金利は、1年定期で、0.2%から0.4%程度となっています。

昨今の物価上昇2から3%に比べると微々たるものですね。
つまり、銀行に預けているお金は、日々減っており、一年間で、2%前後目減りする!!という恐ろしい結果です。
100万円であれば、一年たつと、2万円程損するわけです。
DSC_3113

ゆるゆる生活していると、知らない間に、ポケットからお金が無くなっている!

知らない間にお金が無くなる!恐ろしい物価上昇
老後2000万円問題がありましたが、ポケットに老後の為に2000万円入れている人は、一年たったら、なんと40万円!もなくなっていることになります。

10年もたてば、400万!

ゆるゆる生活するためには、うかうかしていられません。
対策は、ただ一つ、年2%以上の配当を得ることしかありません。
もうひとつ、条件として、リスクがない方法である必要があります。

銀行金利が2%あればよいのですが、そのようなものはありません。
海外銀行金利であれば、高いものもありますが、為替が変動すれば、その前に、円から海外通貨に換えるときにしっかりと手数料を取られ、円に戻す時再び手数料を取られて、もらった金利などすべて取り上げられてしまいます。

金融機関が手ぐすねを引いて、折角の配当金を狙っています。

唯一の方法は、株主優待で生活に役立つものを効率よく手に入れることしかありません。

正しく、株主優待をやれば、頑張らなくてもゆるゆる優待生活を実現できます。

株主優待のチューリップが満開!
DSC_3205