ゆるっと優待生活

様々な優待を利用して楽々優待生活を目指します。 ゆったり生活に役立つ投資方法や、買ってうれしい優待株や高配当株なども、メモとして残しておきます。 なお、あくまでも筆者のメモですから、もしも利用される時にはすべては自己責任でお願いしますね。

様々な優待を利用して楽々優待生活を目指します。
ゆったり生活に役立つ投資方法や、買ってうれしい優待株や高配当株なども、メモとして残しておきます。
なお、あくまでも筆者のメモですから、もしも利用される時にはすべては自己責任でお願いしますね。

ゆるっと優待生活中のKです。

楽天証券で、信用無期限を使うときには、一か月過ぎると事務管理料をがっちり取られます。

恐ろしいですね。

クロス取引で、効率よく株主優待を取るときには、クロス取引のメリットがすべてなくなります。
どうしてもほしい株主優待を早めに手配しようとすると、とんでもないコストが必要になってしまいます。

注意しましょうね。

楽天証券事務手数料
楽天でオイレス工業を信用売りしたところ、思いがけず費用が高かった!


株式取引履歴 / 信用取引情報詳細



約定日
受渡日
銘柄
口座
取引
売買
信用区分
弁済期限
数量
単価[円]
手数料[円]
税金[円]
諸費用[円]
税区分
受渡金額
[円]
2023/03/30
2023/04/03
オイレス工業
6282 東証
特定
現渡
 
一般
無期限
500 株
-
-
-
727
源徴あり
830,173

建約定日
建単価[円]
建手数料[円]
建手数料消費税[円]
2023/03/02
1,664.0
1,000
100

諸費用内訳

金利(支払)
〔円〕
金利(受取)
〔円〕
逆日歩/特別空売り料(支払)
〔円〕
逆日歩(受取)
〔円〕
貸株料
事務管理費
〔円〕(税抜)
名義書換料
〔円〕(税抜)
0
0
0
0
727
0
0



727円の貸株料は分かっていたのですが、なぜ、1100円の追加費用が発生してしまったのか。
つまりは、事務手数料ですね。

新規建て約定日から1カ月経過すると1100円の手数料取られます。
ホームページから抜粋

信用取引(国内株)事務管理費

新規建て約定日から1カ月経過するごとに発生する管理費です。

制度信用取引・一般信用取引1株あたり11銭(税込)。売買単位1株単位の銘柄については1株あたり110円(税込)。ただし、同一銘柄、同一日に成立した売付株数又は買付株数をそれぞれ合計し100円に満たない場合は110円(税込)、1,000円を超える場合には1,100円(税込)とします。
※税込金額を基に計算した結果生じた円未満の端数は切り捨てております。


一ヶ月を超えた場合となっていますが、建約定日 2023/03/02 に対して、約定日2023/03/30ですから、一ヶ月は超えていません。
ただ、受渡日 2023/04/03となっていますから、一ヶ月を超えていることになります。💧
これがいけなかったのでしょうか?
となると、その月の中で取引したつもりが、はみ出してしまう可能性がありそうです。
恐ろしいですね。

今年は、昨年に懲りて、3/1に購入、3/28に決済しました。

約定日
受渡日
銘柄
口座
取引
売買
信用区分
弁済期限
数量
単価[円]
手数料[円]
税金[円]
諸費用[円]
税区分
受渡金額
[円]
2024/03/28
2024/04/01
オイレス工業
6282 東証
特定
現渡
 
一般
無期限
300 株
-
-
-
525
源徴あり
621,675

建約定日
建単価[円]
建手数料[円]
建手数料消費税[円]
2024/03/01
2,074.0
0
0

3/28に決済した結果、なんとか3/1から、4/1で一ヶ月内で収まったようで、セーフだったようですが。

SMBC日興証券は事務手数料無料

日興証券は、事務手数料は無料となっています。

新規建の約定日から1カ月経過の都度、建玉毎に対して発生する費用。無料



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゆるっと優待生活中のKです。

日銀のマイナス金利終了で、銀行の貯金利率が大幅に上昇しました。
とはいえ、金利は、1年定期で、0.2%から0.4%程度となっています。

昨今の物価上昇2から3%に比べると微々たるものですね。
つまり、銀行に預けているお金は、日々減っており、一年間で、2%前後目減りする!!という恐ろしい結果です。
100万円であれば、一年たつと、2万円程損するわけです。
DSC_3113

ゆるゆる生活していると、知らない間に、ポケットからお金が無くなっている!

知らない間にお金が無くなる!恐ろしい物価上昇
老後2000万円問題がありましたが、ポケットに老後の為に2000万円入れている人は、一年たったら、なんと40万円!もなくなっていることになります。

10年もたてば、400万!

ゆるゆる生活するためには、うかうかしていられません。
対策は、ただ一つ、年2%以上の配当を得ることしかありません。
もうひとつ、条件として、リスクがない方法である必要があります。

銀行金利が2%あればよいのですが、そのようなものはありません。
海外銀行金利であれば、高いものもありますが、為替が変動すれば、その前に、円から海外通貨に換えるときにしっかりと手数料を取られ、円に戻す時再び手数料を取られて、もらった金利などすべて取り上げられてしまいます。

金融機関が手ぐすねを引いて、折角の配当金を狙っています。

唯一の方法は、株主優待で生活に役立つものを効率よく手に入れることしかありません。

正しく、株主優待をやれば、頑張らなくてもゆるゆる優待生活を実現できます。

株主優待のチューリップが満開!
DSC_3205






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゆるっと優待生活中のKです。

シークスから株主優待到着しました。

VJAの金券1000円です。
何でも買えるし、オールマイティーですね。



DSC_3200


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ